必ず方法はある - NTLDR is missing

そんなにたいそうなお話ではありません。
ごく私的な出来事です。

もうそこそこ長く使っているLenovo ThinkCentre(デスクトップのWINマシン)が
最近不調なのです。
そう思いながらもだましだまし使っておりました。

で一昨日のこと。
いつものようにLenovoのロゴが出たかと思ったら、その後画面が真っ黒。
よく見ると画面の上のほうに、「NTLDR is missing」
その後に「Ctrl+Alt+Delキーを押して、出直してきな!」とのメッセージが。
素直な僕は言われたとおりにしましたよ。
でも何度出直しても、同じコトなのです。左手の人差し指と中指、右手の薬指の同時押しの
無限ループ。
そうです、この場合(たぶん)何度門を叩いたところで入れてくれることはないのです。

で、腰をすえて調べることにしました。ネットは幾多の困難に立ち向かった先人たちの
理知と英知の宝庫です。

ふむふむ、割と良くある致命的なトラブルらしい。
Ntloaderとは起動後HDDが最初に読み込む場所で、これが壊れてたり、無くなったり
していると当然立ち上がらないらしい。要するにシステムが入り口を見失っているのね。
強制終了などで壊れることもあるとか・・・覚えが無くもない(汗)

正攻法はまずBIOSをチェックして、Bootが正しいディスクで行われるようになってるか?
もちろんWindowsが入ってない、セカンダリディスクなどを読み込んでいってもダメってコト。
これは問題なし。
ではXPのディスクで修復しましょ~
っていうのが正しい流れなのです。
起動中に(Lenovoの場合)F12を押して、CDから起動。
Rを押して、修復モードへ。
そして悪名高きコマンドプロンプトにて不足したファイルをCドライブ直下にCDから
コピーしてやればよいのだ!

あれ? Administratorのパスワードが受け付けられない。
ログインパスワードとは違うのか?
思い当たるパスワードを色々打ち込むがダメ。しかも三回間違えると最初からやり直し。
無限ループ。
ネットで調べて、もしかしたらデフォかもしれない「admin」を打ってもダメ。
BIOSで設定しなおしたパスワードもダメ。
ここを突破できなければ、何も出来ないのです。

この辺で、「もういっか。俺頑張ったし、初期化して第二の人生を歩ませるか・・・」などと
気弱になるのです。
確かにデータの大部分は外付けのHDDに置いています。
でもその手段をとるとメールが消えてしまうのです。
様々な登録情報や懐かしいメールたちが消えてしまう。
そう思い、最終手段への一歩を踏みとどまらせたのでした。
そう、僕はまともにバックアップを取っていない、ものぐささも持ち合わせているのです。
そこまでして就寝。そして切り替えの早い僕。

たっぷり寝て、お酒の力を借りつつ、気分転換をした後で、色々熟考。
ん、あれしかない。少し気は進まないけれど。

答えは実に簡単なのです。Windowsの檻の中で考えるから難しいのです。
ここはLinuxしかない。
UNetbootinを使って、メモリースティックに直接Ubuntuを突っ込んでやりました。
こうすればいちいち一台のPCをデュアルブートにして、Liveメモリスティックを
作るような手間が省けます。

そして再起動→F12でメモリースティックからブート。
Ubuntuを立ち上げて、見えているHDD直下へXPのCDから「NTDETECT.COM」と
「ntldr」を コピーするだけです。

で、無事に立ち上がるようになりました。

この出来事で、「諦めなければ必ず方法はある」と「備えあれば憂いなし」という二つの
心得を習得したのでした。

なので、ただいまバックアップ中。
あ、この方法は少し実験的なので、あくまで自己責任でお願いします。
[PR]

  by space_craft | 2011-03-21 23:37 | Daily

<< サクラサク 一週間が過ぎました >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE